>

汚れないように保管しておく

保管する場所を探そう

湿気が多い場所では、すぐにカビが発生します。
その状態では、ブランド品を高く売れません。
風通しの良いところで保管していれば、綺麗な状態が長持ちします。
綺麗なブランド品を、リサイクルショップに売ってください。
使っていないカバンや靴、着ていない服はクローゼットの奥底にしまっている人が多いと思います。

出していても邪魔なのでしまっても良いですが、適当に保管することはやめてください。
売る時のことを考えて、保管にふさわしいスペースを見つけてください。
普段はクローゼットの中にしまって、定期的に外へ出すのも良い方法です。
それならカビが発生することがないでしょう。
リサイクルショップへ持って行く前に、汚れのチェックを済ませてください。

服を洗濯してから持っていこう

服の汚れが目立っている時は、洗濯をしてください。
すると汚れが落ちるかもしれません。
リサイクルショップに持って行く時は、紙袋やダンボールに入れると思います。
ぐちゃぐちゃに入れると、シワがつきます。
シワだらけのブランド品は、価値が低いと判断されます。
綺麗に折りたたんだ状態で、持って行きましょう。

綺麗な状態で紙袋やダンボールに入れたつもりでも、運んでいるうちにぐちゃぐちゃになって、シワができる可能性があります。
スペースが空いていると、運んでいる時に揺れて服にシワがつきやすいです。
スキマが空かないようなサイズの、紙袋やダンボールを用意してください。
慎重に運べば、大大丈夫でしょう。
焦らずゆっくり持って行きましょう。


この記事をシェアする